母親の自慢料理は?

今週の土、日は娘が帰ってきていました。
一緒に近所の美容室へ。

ここはいつも空いているので
電話をするとすぐやってくれます。

うちのおかかえ美容室だわと冗談で。

私はカットのみ。
娘は来週先輩の結婚式があるのでパーマをかけて
2人あわせて1万と何百円か。

割と安いでしょ。
もちろん私の財布から出しました。

すっきりした頭で夕食を食べていると。
娘が
「今一緒に科をまわっている男の子、お母さんが料理べたで
ジャンクフードしか食べた事がないんだって。
身体に悪いよね~」と。

それでうちの母親の自慢料理を3人(チームでまわっている)
で話していたら
もう1人の女の子は
「なんとか肉の煮込み(?)」

「私は?」って聞かれたので

「芋の煮たのとかかぼちゃの炊いたの。
それからわけぎのぬた・・・お魚料理」

って答えたら

「お魚料理はわかるけど、なんだかおばあちゃんの料理みたい」

と笑われたらしい。

普段、私は仕事の合間に料理をつくっているせいか
凝った料理は作っていない。

昔、ビールを飲んでいた時は
イカを焼いたり、枝豆とか居酒屋メニュー。

最近は「今日はしんどいから・・・」と言い訳しながら
パッパと作れる料理のみ。




おばあちゃんの料理と言われないように
たまにはオシャレな料理も作らねば・・・









この記事へのトラックバック