パンニハムハサムニダ

6月は図書館の整理月間で、普段5冊の所、今10冊借りている。

その中の1冊井上ひさし著「ふふふふ」


画像


題名はふざけているようだが、中身は作者の社会、政治に
対する想いを書いているエッセー集だ。

短い文章の集まりなのでちょっと時間が空いた時に
ちょこっとだけ読みすすめている。

その中で「ふふふ」と思わず笑ってしまった箇所がある。

井上氏が韓国に行く前に

こんにちは(アンニョンハセヨ)

ありがとう(カムサハムニダ)

すみません(ミアンハムニダ)


3つの言い方ぐらいは覚えて行ったほうがいいと

奥さんに言われ1週間かけて猛勉強したそうな。


(以下は本文から)


ところがいざ韓国に行って奇妙な事が起こった。
何年か前、テレビで漫才師が
「わたしは韓国語ができる。韓国語ではハムサンドのことを
『パンニハムハサムニダ』と言うんだぜ」とやっていたのが
気に入って知らないうちに頭のどこかにこびりつけさせていたらしく
アンニョンハセヨと言うべきときも、カムサハムニダと言うべきときも
そしてミアンハムニダと言わなければならない時も、まず
最初に浮かびあがってくる語句が
パンニハムハサムニダという偽の韓国語なのだ。

別にいうと、右の3つの韓国語の語句を口に
しようとするとき、かならず真っ先にパンニハムハサムニダ
という文句が思い浮かび、心のなかで
(これはギャグの文句だから言ってはいけないのだ)と
検閲してのち、ようやくおもむろに、そしておずおずと、
たとえばカムサハムニダと口に出す事になる。
「ありがとうを言うのに、2秒も3秒もかかるなんて
この日本人はなんて反応が鈍いんだろう」と呆れたに
ちがいない。


私も毎日韓国ドラマを見ているから
少しずつ単語、例えば陛下(ペーハー)とか
お母さん(オンマー)など頭に入っているけど
パンニハムハサムニダも
頭にこびりついてきた・・・・・・・・


皆さんも覚えましたか?

偽の韓国語

パンニハムハサムニダ





明日は雨模様ですねー

先週もフリマに出店する予定だったのに
雨で流れ、明日も無理みたい・・・・

せっかく夏物を用意したのに今度出店するとなると
秋になってしまう。残念!












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのトラックバック